腰椎椎間板ヘルニア

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 慢性的な腰痛がとれない
  • 病院で背骨の間が狭いといわれた
  • 脚が痺れたり、痛みがある
  • ヘルニアは持病で付き合ってください、と言われた
  • 急激な腰痛で動けなくなった

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアという言葉を聞いた事があるでしょうか?

武蔵境ウィル鍼灸整骨院には、腰椎椎間板ヘルニアと言われて慢性的な腰痛でお悩みの患者さんが多くいらっしゃいます。

 

腰痛でお悩みの方でも、腰椎椎間板ヘルニアという言葉聞いた事があっても、どういうものかはわからないと言う方も沢山いらっしゃいます。

まずは、腰椎椎間板ヘルニアについてご説明したいと思います。

 

椎間板とは何なのでしょう?まずは、人間の背骨について簡単にご説明します。

人間の背骨は「椎骨」という小さいブロック上の骨が連なって1本の背骨になっています。

710425

 

「椎骨」と「椎骨」の間には身体の重みや衝撃を吸収する為のクッションがあります。

これが「椎間板」です。中のゼリーが繊維の皮で包まれたおまんじゅうのような形をしています。

708702

 

一方、「ヘルニア」とはラテン語で「飛び出る」という意味です。

椎間板ヘルニアとは、背骨のクッション(椎間板)が、負担を吸収しきれずに、外に飛び出てしまった状態の事を言います。

 

背骨の構造上、首と腰の背骨の部分で「椎間板」は背骨の後ろ側に飛び出やすくなっています。腰の背骨の後ろ側には、脚に行く神経が通っています。

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の部分で飛び出た背骨のクッションが脚の神経を圧迫して、脚に痛みや痺れの症状が出る状態の事を言います。

 

そうなんです。悪くなっているのは「腰」ですが、腰痛だけでなくお尻や脚に痛みが出るのが、腰椎椎間板ヘルニアの主な症状です。

ヘルニアは悪化されると足が動かなくなるなど後遺症が残る場合があります。

 

腰痛、神経痛っぽさがあるが、マッサージで治るかな?と安易に考えられず、急な腰痛、脚に症状がある場合は、武蔵境ウィル鍼灸整骨院まで、すぐにご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアを熟知した国家資格保有のスタッフがご対応致します。

症状を拝見して、早めの検査が必要と判断した場合は、適切に医療機関と連携をとりながら、ご対応も出来ます。

 

 

 

その症状、本当にヘルニア?

また、当院で多くいらっしゃるのは、病院で腰痛・神経痛はヘルニアのせいだからうまく付き合ってくださいと湿布だけ処方されている患者さんです。

レントゲンを撮って、骨と骨の間が狭く写っています(椎間板がつぶれてきている)と言われたようなケースです。

 

もちろん、急な腰痛に伴う激烈な脚の痛み・痺れで歩くのも辛い、といったケースはヘルニアの典型的な症状とも言われています。

しかし、実際はそんな場合でも、当院の施術で症状が楽になるケースも本当に多いです。

その場合は、本当に悪さをしていたのは、椎間板ではなかった、という事になります。

 

椎間板が潰れてきてしまったという事は、長らく腰に負担がかかってしまうような歪んだ姿勢、生活習慣で過ごしてきた、あくまで「結果」であります。

椎間板が潰れてくる程、腰に負担がかかっている姿勢だと、腰~骨盤まわりの他の部分にもそれだけ負担がかかってしまうという事なのです。

 

実際にお悩みの腰痛・脚の痛み痺れの「本当の原因」を当院では、特殊な検査器で調べます。

その結果、椎間板以外の問題が解決され症状が良くなった患者さんから、諦めていた症状が楽になったとご好評頂いております。

何事もまずは解決策が見つかるまで「調べる」事が極めて重要なのです。

 

もちろん、調べた結果、再度受診の必要性があれば、適切に医療機関にもご案内させて頂きます。

 

 

以前、ヘルニアと診断された方へ

ヘルニアは生活上支障が大きかったり、後遺症のリスクがあるなど、経過が悪い場合は、手術の適応となります。

ただ、そこまで行かないケースの方が多く、経過を見る場合も多いです。

 

脚の痛み・痺れなどの症状自体は数ヶ月間大人しくしている事でとれる事もあります。

ただし、症状が楽になった方も注意が必要です!!

たしかに患部が休まれば一度症状はとれるケースも多いです。

 

しかし、負担のかかりやすいお身体のままだと言う事は変わっていません。

まして、一度潰れてきた椎間板はクッション性を失います。

再発、もしくは悪化のリスクはむしろ高くなるのです。

腰椎椎間板ヘルニアが再発しやすい疾患な理由はそこにあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアと診断されてから長年症状が続いている方も決して諦めず、まずは武蔵境ウィル鍼灸整骨院までご相談ください。

また、1番辛い時期の症状は収まったけど、たまに腰痛が出るという方も確実に一度お身体の状態チェックで、ご相談ください。

 

腰痛に負けず、好きなことが出来るお身体を目指しましょう!!